メインイメージ画像

派遣のドライバーはいざという時のための保険が必要です

派遣という働き方が拡大してきており派遣が包括する仕事は多くのものがありますが、ドライバーの仕事も一日単位など短期間の派遣にぴったりな職種の一つです。お歳暮の時期や年末年始などの配送業が忙しくなる時期に合わせ柔軟に雇うことが出来るこうした派遣としての仕事は、配送業者にとってかなりメリットの大きなことですが、同時に派遣として働くドライバーにも時間的な都合がつきやすいなど利点の大きいものになっています。

しかしながら、正社員や長期間の労働を前提とした働き方と違い、派遣の形態には保険関係が曖昧になっていることもあります。

いくらプロのドライバーとは言え、運転を行うということは自責他責含めいろいろなリスクが存在します。特に夜間や長距離を運転するときには何らかのトラブルや事故に巻き込まれる可能性もありますので、保険でリスクに備えておくような必要があります。

そのため派遣でドライバーとして働く人は、保険がどのような場合などに適用されるのかを明確にした上で働きはじめる必要があります。

派遣会社によって保険の取り扱い方はさまざまですが、派遣会社が管理している場合もあれば下請けや派遣の受け入れ先が管理をしている場合もあります。いずれにせよドライバーが過剰なリスクを引き受けないためにも、こんな保険の適用範囲やどこが管理しているのかなど基本的なことをあらかじめ知っておく必要があります。

このような保険関係については、各ドライバーの派遣会社の登録規約やホームページに記載されていることが普通です。